アレンジメントと花束の違い

アレンジメントと花束の違いについて

   
 

 花を何本か束ねたものが花束で、花束をフランス語ではブーケ(bouquet)と言うため、日本でも花束をブーケと言ったりします。この説明だけだと「花束=ブーケ」となってしまいますが、背丈の長いものを花束、短いものをブーケというように、お店によって区別している場合があります。花束やブーケは、持ち運びやすいので、どこか出先で相手に直接手渡したい場合などに適します。

 一方、アレンジメントの”アレンジ”には、「並べること」「整理」「再構成」「手配」などの意味があり、フラワーアレンジメントは、一般的に花束よりも花の配置を計算して並べたものになります。また、フラワーアレンジメントは、水を染み込ませた土台をベースに、花を配置してあるものなので、花瓶などに移し替える必要がなく、そのまま飾れると言う利点があります。

人に贈るなら花束とフラワーアレンジメントのどちらが良いか

花束を贈るシチュエーション

花束を贈るべきシチュエーションとして、誕生日やプロポーズが挙げられます。 お花に暖かさや親しみを感じる方は多いはずです。恥ずかしくて口に出せない想いや言葉だけでは伝わりきらない想いは、自分の気持ちを花言葉に乗せて伝えみてはいかがでしょうか。

フラワーアレンジメントを贈るシチュエーション

フラワーアレンジメントを贈るべきシチュエーションは、病院へのお見舞い、開店祝いなどが挙げられます。贈る相手に合ったデザインを選べる種類の豊富さが特徴です。花瓶に移し替える必要がないため、入院中に水を取り替える手間も省けます。